カイリー、ラストショットを打たせてもらえず不満を露わに・・・

Hi TAKAです!!!

 

今シーズンなかなか波に乗ることが出来ずにいる、東の強豪ボストン・セルティックス。

カイリー、ラストショットを打たせてもらえず不満を露わに・・・カイリー、ラストショットを打たせてもらえず不満を露わに・・・

 

ロード(敵地)での今季の戦績は10勝12敗と負け越しているセルティックス。

 

そして不の連鎖は止まらず・・・・

 

現地時間の1/12に行われたセルティックスvsマジックの試合で残り2.9秒、103-105とマジックリードの中、セルティックスはタイムアウトをとり逆転へ望みを繋ぐためにラストショットを託したのが、エースのカイリー・アービング・・・・ではなく、NBA2年目のジェイソン・テイタム!!

 

このスティーブンスHCの采配にカイリーはコートに戻る前に不満を露わに。

 

 

ラストパスを指示通りテイタムへのパスを選択した、ヘイワードにもカイリーは怒りをぶつけ会場を後にしました。

 

チーム内での不協和音が少し見え隠れするセルティックス。

 

昨シーズンの輝きを取り戻すは来るのか・・・・・

 

 

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2019-01-14 | Posted in BLOG, LOCKER, LOCKER BLOGNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment