オニツカタイガー

こんにちは、詩音です。朝の雨が嘘のように晴れましたね。

lockerにレトロな商品が入ってきました!  その名もオニツカタイガー!

アシックスに社名・商標を変更する以前のブランドであるオニツカタイガーは、レトロな雰囲気からファッションアイテムとしての人気を呼び、現在では再び一般向けシューズのブランドとして製造販売されています。

onitsukatiger

ナイキとの関係

ナイキの前身であるBRS社は、アメリカにおけるオニツカタイガーの販売代理店となっていました。スタンフォード大学で経済学を学んだ後、1963年(昭和38年)に卒業旅行で日本に立ち寄ったフィル・ナイトは、オニツカシューズの品質の高さと価格の安さに感銘を受けました。ナイトはすぐさまオニツカ社を訪ね、アメリカでのオニツカシューズの販売をやらせてほしいと依頼。オレゴン大学の陸上コーチだったビル・バウワーマンと共同でブルーリボンスポーツ(BRS)を設立し、オニツカの輸入販売代理業務を開始しました。

アメリカ西海岸地域を中心に販売は好調でしたが、その後BRSはナイキブランドを創設。初期のナイキシューズ(コルテッツ等)は日本製のものがほとんどでしたが、これらはオニツカ社から技術者の引き抜きなどを行い、福岡のアサヒコーポレーションで生産されたものであり、事実上ライバルメーカーへの仕入の切り替えでした。その後、オニツカ側がバウワーマンが考案したデザインやモデル名をそのまま使用し続けたためにBRS社から訴訟を提起され、和解金として1億数千万円を支払ったといいます。

なんか凄い歴史を感じますね。

徐々に他のオニツカタイガーも入荷しますので、よろしくお願いしま~す。

Bookmark this on Google Bookmarks
Bookmark this on Yahoo Bookmark

2015-03-26 | Posted in BLOG, LOCKERNo Comments » 

関連記事

Comment





Comment